クリックPAPAのPC備忘録

hiroyukip.exblog.jp

DebianのOpenJDKでフォントがおかしい件

Debian GNU/LinuxのlennyにあったJAVAランタイム等パッケージ、OpenJDKをインストールしたところ、GUIなJAVAソフトウェアを起動した際、一部の日本語がで表示されたりとおかしかったので、直した時のメモ。





  • openjdk-6-jdk
  • openjdk-6-jre
  • openjdk-6-jre-headless
  • openjdk-6-jre-lib

インストールしたのは上の4つで、まず、~/.bashrcの最後に次のスクリプトを追加し、環境変数で対応してみることにした。

## for Java
export JAVA_HOME=/usr/lib/jvm/java-6-openjdk
export JAVA_FONTS=/usr/lib/jvm/java-6-openjdk/jre/lib/fonts:/usr/share/fonts/truetype
export CLASSPATH=.:$JAVA_HOME/lib/tools.jar
export PATH="$PATH:$JAVA_HOME/jre/bin:$JAVA_HOME/bin"

しかしこれではダメだったので、次に/etc/java-6-openjdk/fontconfig.properties.srcを覗いたら、以下のとおり存在しないフォントを引いていた事が判明。

filename.-ipamona-uigothic-medium-r-normal--*-%d-*-*-c-*-jisx0208.1983-0=/usr/share/fonts/truetype/ipamona/ipagui-mona.ttf
filename.-ipamona-mincho-medium-r-normal--*-%d-*-*-c-*-jisx0208.1983-0=/usr/share/fonts/truetype/ipamona/ipamp-mona.ttf

これを正すには、上の間違った部分を存在する/usr/share/fonts/truetype/sazanami/sazanami-gothic.ttfと/usr/share/fonts/truetype/sazanami/sazanami-mincho.ttfに書き換えるか、/usr/share/fonts/truetype/ipamonaのディレクトリを作成し、そこにIPAモナーフォントをインストールして間違っていない事にするかの2択が考えられる。
いや、/usr/share/fonts/truetype/ipamonaのディレクトリを作成し、リンク先/usr/share/fonts/truetype/sazanami/sazanami-gothic.ttf、リンク名/usr/share/fonts/truetype/ipamona/ipagui-mona.ttfのシンボリックリンクと、リンク先/usr/share/fonts/truetype/sazanami/sazanami-mincho.ttf、リンク名/usr/share/fonts/truetype/ipamona/ipamp-mona.ttfのシンボリックリンクを貼ればいいだけかも知れない。
悩んだ挙句、1番目は難しそうで、3番目は怪しげだったので、2番目のIPAモナーフォントのインストールを行ったところ、見事にフォントが正しく表示されるようになったとさ。


[PR]

by hiroyuki_papa | 2009-08-22 17:34 | コンピュータ

<< Vine Linux 5が出た... | ホーム | DebianのLXDEにDro... >>