クリックPAPAのPC備忘録

hiroyukip.exblog.jp

Vine LinuxでTucan Manager

Linuxで海外アップローダからムフフな画像をダウンロードする方法はいろいろあるが、Vine Linux 5.0でTucan Managerというダウンローダを試した巻。
Tucan Managerは、今のところ以下の海外アップローダに対応しており、anonymousダウンロードはできるが、ログイン機能やアップロード機能はまだ未実装のよう。





ビルド及びインストールとしては、まず、CAPTCHAの画像認証を認識させるためと思われるTesseract OCR engineFedoraパッケージ用specファイルをVine Linux向けにちょこっと弄ってから~/rpm/SPECSに保存したら、ソースファイルを~/rpm/SOURCESに保存し、rpmbuild -ba --nodigest --nosignature --target=i686 ~/rpm/SPECS/tesseract.specRPMパッケージ化してからdevelパッケージ(ヘッダファイル群)とともにインストールした。
次に、Tucan ManagerのFedoraパッケージ用specファイルをVine Linux向けにちょこっと弄ってから~/rpm/SPECSに保存したら、ソースファイルを~/rpm/SOURCESに保存し、rpmbuildでRPMパッケージ化してからインストールした。
で、起動してrapidshare.comのURLをAddしたら、自動でダウンロードが始まった、ヤッホー。
このダウンローダの長所は、Java非依存で軽快な事、これに尽きる。

c0050265_0314665.jpg

[PR]

by hiroyuki_papa | 2009-10-28 01:24 | コンピュータ

<< Vine LinuxのLXDE... | ホーム | Vine LinuxのAuda... >>