クリックPAPAのPC備忘録

hiroyukip.exblog.jp

Linux版Operaのフォント…の続きの続き

表示フォントが汚かったDebian GNU/Linux squeeseのOpera 11.01の改善方法には、下の5種類がある。
1でダメなら2も、2でもダメなら3も…という具合に試してみればいいっぽい。

  1. 「設定->詳細設定->フォント->文字別フォント」を開き、プロポーショナルフォント・等幅フォントを自動選択から日本語プロポーショナルゴシック体・日本語等幅ゴシック体の明示的な選択に変更
  2. /usr/share/opera/defaults/font.iniを修正(参考記事1上段囲み)
  3. ~/.fonts.confFontconfigの追加設定、~/.XresourcesXtfも?(参考記事2
  4. ユーザJSにより置換(以下参照)
  5. ユーザCSSにより追加(参考記事1下段囲みから@font-faceの行を除いたもの)




// ==UserScript==
// @name Font
// @include http*
// ==/UserScript==

(function () {
if (!document.documentElement.lang) {
document.documentElement.lang = 'ja';
}
if (document.documentElement.lang.indexOf('ja') !== -1) {
var s = document.createElement('style');
s.setAttribute('type', 'text/css');
s.textContent = [
// サンセリフ体
'@font-face { font-family: sans-serif; src: local("ARISAKA-AA"); }',
'@font-face { font-family: "MS Pゴシック"; src: local("ARISAKA-AA"); }',
'@font-face { font-family: "MS PGothic"; src: local("ARISAKA-AA"); }',
'@font-face { font-family: "MS UI Gothic"; src: local("ARISAKA"); }',
// セリフ体
'@font-face { font-family: serif; src: local("IPAMonaPMincho"); }',
'@font-face { font-family: "MS P明朝"; src: local("IPAMonaPMincho"); }',
'@font-face { font-family: "MS PMincho"; src: local("IPAMonaPMincho"); }',
// 等幅体
'@font-face { font-family: monospace; src: local("ARISAKA-fix"); }',
'@font-face { font-family: "MS ゴシック"; src: local("ARISAKA-fix"); }',
'@font-face { font-family: "MS Gothic"; src: local("ARISAKA-fix"); }',
// 等幅体(セリフ体)
'@font-face { font-family: "MS 明朝"; src: local("IPAMonaMincho"); }',
'@font-face { font-family: "MS Mincho"; src: local("IPAMonaMincho"); }',
// その他フォントファミリ名
'@font-face { font-family: cursive; src: local("NfMotoyaBirch W1 KP"); }',
'@font-face { font-family: fantasy; font-weight: bold; src: local("NfMotoyaBirch W1 KP"); }'

].join('\n');
document.querySelector('head').appendChild(s);
}
})(window.opera);

↑一部「d」を全角文字「d」で表示。
つまり、フォントファミリ名やWindowsXP以前の日本語フォントをCSS2.0のウェブフォントで置換すればいい、ということっぽい。
しかし、「@font-face が UserCSS から使えない件を報告した」からパクらせてもらったものの、Operaの挙動もJavaScriptもわかってないので、おそらくは改悪だ。

[2011年9月13日追記]
font checker(フォント・チェッカー)で確認したところ、Operaはウェブフォントでローカルにあるフォントの日本語名を理解できないようなので、英語名に修正し、併せて、ウェブフォントでフォントファミリ名を指定できないようなので、関係部分を打ち消した。
修正後の4までを適用させた状態で撮ったスクリーンショットを下にアップするけど、まだまだ見難い。
英数字はウェブページで設定されたArial(ttf-mscorefonts-installerというパッケージでインストール済)、残りの日本語文字が自分で設定したフォントになっている。
しかし、上の例示で指定したものとは明らかに違うフォントを使ってるよねwww

c0050265_1383644.jpg

[PR]

by hiroyuki_papa | 2011-09-12 19:56 | コンピュータ

<< DebianのLXDEのメニュー | ホーム | Linux版Operaのフォン... >>