クリックPAPAのPC備忘録

hiroyukip.exblog.jp

Mozilla FirefoxのFlashGotにyoutube-dlを登録

c0050265_16590795.png

著作権法その他各関係法的に問題のない動画をYouTubeでダウンロードするにも、同様にムフフな動画をダウンロードするにも、それがたとえm3u8といった拡張子のHLS形式やストリームであっても、youtube-dl(要Microsoft Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージ又はPython)が便利。だからこれをMozilla Firefoxのアドオン、FlashGot Mass Downloader(FMD)と連携させてやるとより便利。連携方法は、次のとおり、簡単。





まず、Windowsならば、%APPDATA%\youtube-dl\config.txtを以下の内容で作成しておく。%APPDATA%がわからないないならググってくれ。

-c
--add-header "Accept-Language: ja,en-US;q=0.8,en;q=0.6"
--add-header "DNT: 1"
--ffmpeg-location "X:\Path\ToFFmpeg"

X:\Path\ToFFmpegっていうのは、FFmpegが置いてあるディレクトリ(フォルダ)のこと。Libavのavconvでもイケるらしいが、試したことはない。あと、ユーザーエージェントは、--user-agent "Mozilla/5.0 (Windows NT…"みたいな感じで、最初からこちらのファイルに書いておいたほうがいいかも。
次に、FDM設定の詳細設定の一般タブで、ダウンロードマネージャーを追加。実行ファイルは、C:\WINDOWS\system32\cmd.exe又はC:\Windows\SysWOW64\cmd.execmd.exeの場所がわからなかったら、コンピュータ内で検索してくれ。そして、コマンドライン引数は次のとおり。

/C start [/D FOLDER] X:\\Path\\To\\youtube-dl.exe [--add-header Cookie:COOKIE] [--user-agent UA] [--referer REFERER] [URL]

X:\\Path\\To\\youtube-dl.exeはyoutube-dlが置いてあるディレクトリのこと。あとは、Firefox上で動画を再生したらFlashGodが勝手に反応して「FlashGodメディア」っていうフィルムのアイコンを点滅させるので、そいつを右クリックしてお好きなファイルのダウンロードを開始して、FlashGot上の動画を停止させればOK。
なお、youtube-dlだけじゃなくFFmpeg等をインストールしなければならないのがメンドいとか、GUIじゃなくてコマンドプロンプトが出てきてビビるとか、FMDがマスターのm3u8形式ファイルのURL解析を返してこないとかあって、それほど必要と感じないかも知れないけど、単体だけでも導入する価値はじゅうぶんにあると思う。


[PR]

by hiroyuki_papa | 2017-10-22 16:13 | コンピュータ

| ホーム | エキサイトブログにログインでき... >>